実際に交通事故の法律相談をする前の注意点

交通事故の法律相談をするときには、法律事務所選びが大切になってきます。交通事故の法律相談相手として適しているのは、加害者が加入している自動車保険会社の専任スタッフと示談交渉で渡り合える交渉力を持っている人になります。交渉力は、法律の知識だけでは培われるものではないので、交通事故の示談交渉の実績がある弁護士が在籍している法律事務所を選ぶ必要があります。口コミ情報を参考にするのも良いのですが、主観によるものも少なくないので、参考程度に留めておく必要があります。そのためには、法律事務所が開設している公式サイトで、示談交渉の実績が無ければ知りえない具体的な事例を掲載している法律事務所が信頼できます。後で後悔することがないように、法律相談をする相手や法律事務所は慎重に選ぶ必要があります。

法律相談相手がいることの重要性

なぜ被害を被っているはずの交通事故の被害者が加害者の加入している自動車保険会社の専任スタッフと示談交渉で渡り合わなければならないのかというと、被害者の側に全く過失がない交通事故の場合は、被害者が加入している自動車保険会社が介入できないためです。そのため、過失がない被害者こそ法律相談をする弁護士が必要になってくることになります。弁護士は専門とする分野がたくさんあります。たとえば、借金問題や相続問題に詳しい弁護士は、一度も交通事故の示談交渉の代理人になったことがない人も珍しくありません。一方で、自動車保険会社の専任スタッフは示談交渉の交渉力に長けているだけでなく、示談交渉の前に被害者に示談交渉を急かすようにプレッシャーをかけてくる場合すらあります。

交通事故に遭った直後の注意すべき行動

法律相談を行う前の交通事故に遭った直後の行動も大事になります。交通事故に遭った直後に可能な状態であれば、直ちに警察に通報をする必要があります。警察が現場を検証しないことには、交通事故として扱われないことになります。通報が済んだら、そのときに痛みなどの症状が無くても、病院で診察を受ける必要があります。診察を受けないで、何日か経ってから、むち打ちの症状などが出てきたとしても、警察に人的被害が無かったものとして処理されてしまえば、人的被害があったものとして交通事故の内容を覆すのは難しくなってしまうためです。このように、法律相談をする前の、交通事故直後の行動にも注意するべき点がたくさんあることが分かります。このようなことを着実に行い人的被害がある交通事故であることを確定させる必要があります。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし