交通事故の法律相談はどこにすればいいか

交通事故の法律相談が必要になるのは、自動車保険会社が損害賠償金の示談交渉に関わることができない、過失割合がゼロの被害者になった場合がほとんどです。加害者側の方は過失があるため、加害者が加入している自動車保険会社の社員が示談交渉を担当することになりますので、それに対抗できる法律相談ができる相手が必要になります。法律のスペシャリストといえば弁護士で、その弁護士が在籍する法律事務所が法律相談の相手ということになります。その中でも、何度も示談交渉を仕事としてこなしている加害者の自動車保険会社の社員を相手に交渉できる弁護士に絞られることになります。適格でない相手に法律相談をすると加害者側の主張が通り、負った被害に応じた損害賠償金が得られないことになります。

交渉次第で変動する交通事故の損害賠償金

交通事故の損害賠償金は、示談交渉でもあまり金額が変動する余地があまり無いものと、示談交渉によって大幅に金額が増額する余地が充分にあるものなど、内容は多岐に亘ります。変動する余地があまり無いのは、治療費や通院のための交通費など実費に関わるものです。その一方で、示談交渉次第で大幅に増額できるよりがあるのが、精神的な苦痛というあまり具体的でないものを対象に金額を決める慰謝料の金額になります。抽象的なものを対象にしている慰謝料の金額を具体的に決めるために、これまでの交通事故の事例によって幾つかの基準がすでに出来上がっています。加害者側は慰謝料が低い金額で割り出される基準を使って示談金を提示することがほとんどなので、法律相談をする的確な相手がいないと損をしてしまうことになります。

示談交渉の実績があるのかどうかを見極める方法

交通事故の示談交渉に実績がある弁護士がいる法律事務所は、公式のホームページなどを見てみれば、ある程度推測することができます。ところが、法律事務所から派遣されて担当になる弁護士が充分な実績があるかどうかが分かりません。法律事務所によっては初回に限って無料で相談ができる場合もありますので、相談する段階で、これまでにどのような示談交渉の解決事例があったかを、弁護士に直接尋ねてみるのも良い方法です。事例を聞くことによって、自分が遭った交通事故の示談が合意に至るまでのプロセスも見通しが立てられるようになります。実際に顔を突き合わせて話をしてみないことには、信頼できるのかどうかが分からないということも多いと思いますので、無料相談などのサービスが提供されている場合は積極的に利用するのも良い方法です。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし